포플러

본문 바로가기

팝업레이어 알림

팝업레이어 알림이 없습니다.
  • Languages


'>
  • ● アジア太平洋地域の戦略的ハブ

    ● 世界に繋がるプラットフォーム

    ● 際立つ国際評価

    ● 堅実な産業クラスター

    ● 優秀な人材

    ● 整備されたインフラ施設

    ● 健全な法治環境

    ● 知的財産権保護の確立

    ● 良好的な資金調達と融資環境

    ● 多元的なイノベーション文化


    アジア太平洋地域の戦略的ハブ

    台湾は東北アジアと東南アジアを結ぶアジア太平洋地域の交通の要に位置し、優れた設備の国際空港と港湾を有し交通輸送も利便性が高く、輸出入や中継輸送がとても発達しています。

    台北から東京・ソウル・北京・上海・香港・シンガポール等の西太平洋の主要都市への平均飛行時間はわずか2時間55分で、高雄港からマニラ・シンガポール・香港・上海・東京などの五大主要港への平均航行時間は約53時間です。

    欧米・日本とアジア太平洋の新興市場を繋ぐ重要なハブとなっており、グローバル企業がアジア太平洋地域で運営本部を設立する際の第一選択肢であると言えます。

    世界に繋がるプラットフォーム

    世界経済の中心が次第に欧米からアジアへ移行するのに従い、市場の注目も成熟市場から新興市場へと移行し始めています。

    台湾は、西隣を世界経済成長の原動力で世界第二位の経済大国である中国大陸と接し、北には世界第三位の経済大国である日本、東には世界最大の経済大国であるアメリカ、南は東南アジア諸国連合10ヶ国に隣接しており、アジア地域の中でも経済戦略上、極めて理想的なロケーションにあります。

    台湾は言語のみならず地理的にも文化的にも中国市場と非常に近く、他者が取って代わることのできない優位性を備えています。

    更には台湾のイノベーション能力、製造業の強み及びアジア各地の産業に台湾の企業・商人が存在することなどの優位性がグローバル企業を強く惹きつけ、台湾を中国やアジア新興市場へ進出する拠点として世界に繋がるプラットフォームとなっています。

    際立つ国際評価

    台湾の投資環境は多くの国際評価において高く評価されています。

    世界経済フォーラム(The World Economic Forum、WEF)が発表した国際競争力レポート2018年版(The Global Competitiveness Report2018)の「グローバル競争力指数4.0」(GCI 4.0)によると、台湾は140ヶ国中13位にランクイン、アジア・太平洋地域では4位にランクインしました。

    エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(Economist Intelligence Unit)が発表した2014~2018年の世界ビジネス環境ランキングでは台湾は世界14位となりました。

    そして、米ビジネス環境リスク評価会社(Business Environment Risk Intelligence、BERI)が発表した2018年第2回全世界投資環境リスク評価報告書では、台湾はスイスとシンガポールに続き、ドイツとノルウェーと共に世界3位にランクされました。

    また、世界銀行(the World Bank)が発表する報告書「2019年ビジネス環境の現状」(Doing Business 2019)では、台湾のビジネスのしやすさは190ヶ国中13位と評価されています。

    堅実な産業クラスター

    台湾の産業クラスターの分布は、北部地区は電子テクノロジー産業が主であり、中部地区は精密機械産業で、南部地区は主に石油化学と重工業です。世界経済フォーラムの国際競争力レポート2018年版では、台湾の産業クラスター発展指数は世界第5位にランキングされました。

    非常に整った川上、川中、川下のサプライチエーンは、取引先の各種ニーズに迅速に対応し、カスタマイズされたモジュールをジャストインタイム(just in time)に提供します。質と量ともに競争力を備えた台湾製品は、正に外資企業が台湾を投資先に選定する主な理由となっています。

    産業クラスターの高度な発達によって、台湾は世界2位の情報ハードウエアー生産地となり、その中でも半導体受託生産及び半導体パッケージング・テスティング産業の分野では世界1位にランクインしています。また、IC設計業は世界2位に、PC製造業は世界3位にランクインしています。

    そして他の成功例の一つとして自転車産業があげられます。2003年、台湾の自転車産業の二大企業であるジャイアントとメリダは、台湾18社の部品メーカーを結集したチームA-Teamを結成しました。チーム間の密接な協力と分業を通して、レジャー用またはプロ仕様など、消費者それぞれのニーズに合う商品を研究開発し、国際的にも高品質で高単価、そして高利益の自転車市場を作り出しています。

    優秀な人材

    台湾は優秀な労働力を有しており、毎年およそ30万人余りの大学・専門学校以上の卒業生が労働市場に入ります。統計によると、2017年の労働人口の570万人(50.19%)が大学・専門学校以上の学歴を持っています。

    2017-2018年の世界経済フォーラムの国際競争力レポートでは、台湾の生産及び労働市場の効率は137カ国中の第25位で、台湾の労働力が高い競争力を備えていることがわかります。また、現在、政府も継続して世界トップレベルの大学と研究センターの建設に力を入れています。そしてグローバル企業がアジア太平洋市場に進出する際に必要となる人材需要を十分満たせるよう、台湾を東アジアの高等教育の要衝及び中国語教育產業の輸出大国となるよう注力しています。

    整備されたインフラ施設

    台湾の交通ネットワークは全島的に整備されており、海運・空運とも非常に発達しています。

    現在7ヶ所の国際港、17ヶ所の空港(台北、桃園、高雄の3ヶ所の国際空港を含む)があります。鉄道及び道路の設備も整っており、台湾島内を一周する鉄道と道路網及び西部の高速鉄道と高速道路、それらに連結する東西に走る10数本の自動車専用道路があります。更に、台北・高雄のMRT(Mass Rapid Transit/地下鉄を含む大量高速輸送軌道システム)も加わり密で利便性の高い交通ネットワークは日常生活を支える重要な交通インフラとなっています。そしてビジネス、流通運輸などのコスト面でもスピーディーで効率的なインフラとなっています。

    その他、台湾の電力水道、通信などの使用料は安く、その供給率と普及率はほぼ100%です。世界経済フォーラムが発表した2016年ネットワーク整備指数(Network Readiness Index、NRI)では、台湾は世界19位にランクされました。

    インターネットの応用も非常に普及しており、特に政府サービスの電子化は世界トップレベルであり、進んだデジタル技術も外資企業の投資を惹きつける理由の一つとなっています。

    健全な法治環境

    中華民国の「憲法」には、「人民の権利と義務に関わる事項は法律で明確に定める」と明記されています。整った法治体系のもとで、友好的で、良好な民主主義と法治観念を備えているため、企業の運営環境においても高い予測性と安定性が期待できます。

    同時に商業法規も常に迅速に国際法規に同調するよう調整されており、投資者の権益の保障は確保されています。特に外国人が台湾で投資を行う場合は、更に「外国人投資条例」によって、保障を受けることができます。

    知的財産権保護の確立

    台湾の知的財産法令は透明化されており、国際条約の基本規定に沿っているだけでなく産業と国際特許法令の変化に応じて検討と修正がなされています。また、特許商標審査の機能と品質の強化を持続させ、オンライン申請・確認システムを最適化し、より高品質のサービスを企業に提供しています。

    知的財産権を適切に保護するため、台湾は知財専門裁判所と海賊版調査および取締りを行う知財保護警察を設立しており、科学技術やインターネットの発展、営業秘密保護の観点から、法執行関係者の専門研修を強化しています。知的財産権を保護するための全体的な環境を整備していることから、グローバル企業と権利者団体から高い評価を得ています。

    2010年、台湾と中国は「海峡両岸知的財産権保護協力協定」を締結し、特許、商標、植物品種の優先権を相互に承認し、作業チームを立ち上げて、公式プラートフォームを設置し、オペレーションシステム運用の確保と、中国で活躍する台湾系企業・経営者の知的財産権を効率的に保護しています。

    台湾は、国際間の知財交流と協力を積極的に展開し、各国の在台機関、在台商工会議所および権利者団体と密接な関係を維持し、各協会の進捗と建設的な意見を前向きに受け入れ、友好的な環境を構築しています。企業の研究開発イノベーションを全力でサポートし、ビジネスチャンスと経済発展を推進しています。

    良好的な資金調達と融資環境

    台湾の資金は潤沢で、為替相場が安定しており、金利水準と資本コストが低く、良好な資金調達、融資環境です。海外からの投資を誘致するために、台湾では関連措置を推進し、海外企業の資金調達条件を緩和し、行政プロセスを簡素化しています。

    直接金融では、台湾における株式上場コストは香港、中国より低く、株純資産倍率と株価収益率は比較的合理的です。流通性も良好で、2017年10月現在、上場一部の海外企業は67社、上場二部の海外企業は33社です。ベンチャー企業向けの新市場「創櫃板」や株式投資開放を推進しており、さまざまな資金調達のチャネルを構築しています。

    間接金融では、歴年の高貯蓄率により潤沢な資金を蓄積しており、低金利の優良な融資環境も構築しています。中小型企業とイノベーション産業に融資サービスを提供する銀行を表彰し、各規模の企業に融資サービスが行き渡るようにしています。

    多元的なイノベーション文化

    台湾は旺盛なイノベーション能力、研究開発能力を有しています。ハイテクにおいても家電製品においても、古き良きものを残しながら新しさを求めて発展させ、フランチャイズチェーン店の革新的なサービス、自転車、タピオカミルクティー、華語ポップミュージックなども、すべて革新的な要素を通じて、世界で受け入れられている台湾の特色ある商品と文化です。

    世界経済フォーラム(WEF)は、台湾をイノベーション主導型の経済国と位置付けています。即ち、その国際競争力レポート2018年版の12項目においてスコアが他国よりもはるかに高いことが強調され、ドイツ、米国、スイス、台湾の4カ国が「スーパーイノベーター」(super innovators)と評されました。

    アメリカのグローバル起業家精神・開発研究所(GEDI)が発表したレポートでは、台湾は起業家精神ランキングが世界第4位でした。これは、台湾企業の実質的な研究開発投資や起業家精神がいずれも世界トップレベルにあることを示しており、台湾には長期にわたって競争力を持つ産業クラスター発展(WEF世界ランキング第2位)と、地域の特性を生かした多元的なイノベーション文化と良好な環境が存在することを示しています。

    最後に、台湾は工業技術研究院、情報工業策進会など10以上の技術研究開発機関を有しており、台湾国内の産業発展を推進するだけでなく、科学技術に関するイノベーション研究開発人材を多数育成しています。これらはすべて、外資企業がアジア太平洋市場、ひいては世界に進出する際の最大のパートナーとなるでしょう。


  • Hong Kong Office

    : Unit 706, 7/F, South Seas Centre Tower 2, No.75 Mody Road, Tsim Sha Tsui East, Hong Kong / Tel:(852)3913-9500 / Fax:(852)2170-1919

  • Singapore Office

    : 3 Shenton Way #16-08 Shenton House Singapore 068805 / Tel: (65)6542-2309 / Fax : (65)6221-4376

  • Vietnam Hanoi Office

    : 13F, Charmvit Tower, 117 Tran Duy Hung Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam / Tel:(84)34-8218-444

  • Vietnam Ho Chi Minh City Office

    : 15th Floor R.1508, Vincom Center Tower, 72 Le Thanh Ton Street, Ben Nghe Ward District 1, Ho Chi Minh city

  • Korea Office

    : 100, Cheonggyecheon-ro, Jung-gu, Seoul, Republic of Korea / Tel : (82)70-7436-5844 / Fax : (82)2-713-0056

  • Taiwan Office

    : 18F-2, No.163, Sec. 1, Keelung Rd., Xinyi Dist., Taipei City 110, Taiwan (R.O.C) / Tel : (886)988-057-215

상단으로