÷

ٷΰ

˾̾ ˸

˾̾ ˸ ϴ.
  • Languages


  • Visa and Immigration Service - Korean

    香港のビザ政策は香港特別行政区(Hong Kong Special Administrative Region)の独自の入国(移民) 条例により、 基本主旨は「香港内の雇用及び経済環境保全」の下に厳格な審査過程を通じてビザの承認が成り立ちます。 ビザ取得のための審査、承認及び拒否は移民局固有の権限で、申請者の状況によって追加の質疑事項、 最終承認期間が変わることがあります。

    訪問者の就業(Employment)、事業(to establish or join in any business)、 学校入学(to enter school as a student) などを許容しておらず、また各国籍別に許容する訪問者の 資格滞留期間を超過して滞留する場合、該当するビザを入国前、あるいは入国後に必ず取得しなければなりません。

    Hong Kong ID Card の場合、上記のビザ取得後、自動的に申請資格が付与され、申請してから 2週後に移民局で受領が可能です。

    ビザの種類

    01. 就業ビザ(Employment Visa)

    香港の居住/永住権がない外国人が香港内で就職した場合、必ず移民局から就業ビザの 承認を受けてから勤務が可能です。これは paid/unpaid, part-time/permanent, contract/ temporary assignment に関わらず義務的に行なわなければなりません。

    ビザの承認時に移民局で主に考慮する事項は次の通りです。

    ⓐ 香港現地職員と代わる事ができない職責、職業

    ⓑ 申請人の関連分野においての経歴、経験、教育水準

    ⓒ 雇用会社の背景(安定性、財務状態、香港現地職員の雇用創出の現況など)

    書類受付後、4~6週間ほどかかり、受付後に追加の質疑事項がある場合は、承認にもっと 時間がかかることがあります。

    02. 投資ビザ(Investment Visa to establish a company)

    香港会社の owner あるいは大株主として事業を行う場合、投資ビザを取得する必要があり、 準備書類及び進行過程は就業ビザに似ていますが、申請者及び会社が香港経済に 大きく寄与している点について証明しなければなりません。しかし香港経済への 寄与度に関する部分で特定の投資金額、会社の規模などの上限、 下限などは規定されていません。

    進行期間は就業ビザと同じで、4~6週間ほどかかり、移民局審査時に追加の 質疑事項がある場合は、承認期間がもっとかかることがあります。

    03. 資本投資者入境制度(Capital Investment Entrant Scheme “CIES”)

    2003年10月27日、香港特別行政区で外国人の投資奨励のために導入され、 HKD 10 million 以上を投資した投資者の場合、香港特別行政区の居住権を受ける ことができます。香港内での事業の運営、 参加の形態ではなく許容される特定資産に投資しているか投資計画がある場合に 申請が可能です。

    04. 同伴ビザ(Dependant Visa)

    就業ビザ、投資ビザなどの取得を通じて香港に居住する場合、 香港居住者がスポンサーとなって家族ビザの申請が可能です。

    ⓐ 配偶者
    ⓑ 18歳未満の子供

    申請後 4~6週間かかり、ビザはスポンサーのビザ満了日まで有效になります。

    05. 学生ビザ(Student Visa)

    香港の教育条例によって香港で教育を受けようとする下記の申請人は、学生ビザを 取得する必要があり、教育機関が発給した入学許可書と一緒に申請をしなければなりません。

    学生ビザの申請者が18歳以下の場合、現地のスポンサーあるいは保護者(Guardian)を 指定しなければなりません。現地のスポンサーまたは保護者は、学生が居住する宿舎、 学生に対するサポート及び帰国に対する責任を持ちます。このような理由で申請時に現地の スポンサーまたは保護者の財政状態及び居住地の証明を提出しなければなりません。

    ビザの延長及び変更

    01.ビザ延長(Extension of Stay)

    有效期間があるすべてのビザの場合、ビザが満期になる1ヶ月前にビザの延長申請を しなければならず、ビザの種類に合わせて香港内での居住を延長することができます。 書類受付後、普通2~3週かかりますが、ビザの種類、状況によって追加書類の 要請を受ける場合は、期間が長くなることがあります。

    02.ビザスポンサーの変更(Change of Visa Sponsorship)

    就業ビザで香港内で勤務しているときに、新しい職場に移ったため雇用会社が変更する場合、 ビザのスポンサー変更の申請をしなければなりません。 申請過程及び準備書類は新しく就業ビザを申請するときと大体似ていますが、 転職分野及び雇用会社の状況が似ている場合は、一般的に変更・承認は難しくありません。

    03.ビザの種類変更(Change of Visa Status)

    香港内で居住するビザの種類が変更になる場合は、移民局に変更の申請を しなければなりません。 例えば学生ビザで勉強した後に就職する場合、 就業ビザに変更申請しなければなりません。


  • Hong Kong Office

    : Unit 706, 7/F, South Seas Centre Tower 2, No.75 Mody Road, Tsim Sha Tsui East, Hong Kong / Tel:(852)3913-9500 / Fax:(852)2170-1919

  • Singapore Office

    : 3 Shenton Way #16-08 Shenton House Singapore 068805 / Tel: (65)6542-2309 / Fax : (65)6221-4376

  • Korea Office

    : 100, Cheonggyecheon-ro, Jung-gu, Seoul, Republic of Korea / Tel : (82)70-7436-5844 / Fax : (82)2-713-0056

  • Taiwan Office

    : 18F-2, No.163, Sec. 1, Keelung Rd., Xinyi Dist., Taipei City 110, Taiwan (R.O.C) / Tel : (886)988-057-215

상단으로